【カノンのデイサービスの特徴】
文化的アクティビティの充実
元々が有志による地域の居場所づくりから始まったデイサービスです。職員が一方的に支援するだけの関係ではなく、利用者の皆様から先人の知恵をいただいたり手を貸してくださったりと、気持ちが通いあう関係を築いています。

一見簡単なことのようですが、そのような思いやりのある関係を育むには、確かな知識と技術に裏打ちされたケアスタッフの熱意が大切です。コミュニケーションの充実こそが、利用者の生活の質を上げ、要介護度の維持改善に資する要素であると私たちは考えています。
通院支援や家事援助サービス
木のぬくもりが感じられる和モダンの建物
街中の住宅街にある新築の建物です。外観は一軒家のように見えますが中古住宅の改築ではなく、デイサービスのためにあえて住宅風の設計で作り上げました。落ち着いて諸活動に取り組める環境となっています。
昼食は、献立、買い出し、調理、盛り付け、すべての工程を専属の栄養士と調理員の手で行っているので、家庭的な味わいを感じていただけます。
また、食材については、魚は専門の魚屋さんから、野菜は農家さんから直接仕入れています。その他の食材についても栄養士がスーパー等へ買い出しに赴いています。

美味しさと健康の両面に気を配った、口飽きのしない食事が自慢です。
食材にこだわった手づくりの食事
身体の機能訓練に加えて、頭の機能訓練に力を入れているのが大きな特徴です。生涯学習インストラクターを中心に作成したオリジナルの脳トレーニングの提供・評価、回想法を交えながら新聞各紙の内容を要約して提供する脳活対話など、楽しみながら頭の機能訓練を行います。音楽活動や外出活動も盛んです。
カノンのデイサービスはNPO法人すみれ会を出身母体にしています。通院や買い物の送迎・付き添い、介護保険外の家事援助サービスを利用することができます。
利用者と職員とが学びあう風土
前のページへ戻る